モンスターハンターライズ:サンブレイク

モンスター

新たに対峙する様々なモンスターたち

最大の脅威、「王域三公」

メインモンスターの古龍「メル・ゼナ」、
重厚かつ強靭な身体を持つ牙獣「ガランゴルム」、
戦闘中全身に氷を纏う牙竜「ルナガロン」。
王国の領域を脅かさんとする「王域三公」と
呼ばれ、最重要ターゲットとされている。

メル・ゼナ メル・ゼナ

しゃくぎんりゅう 爵銀龍

メル・ゼナ

白銀の甲殻が美しい、気品漂う龍で、
別名「爵銀龍(しゃくぎんりゅう)」。
獲物の精気を奪うために、夜の闇に紛れて背後に忍び寄り襲いかかる。凛とした優雅な見た目だが、精気を集めると凶暴な本性を剥き出しにする。

全身を見る

劫血やられ

メル・ゼナの一部の攻撃を受けると、ハンターが「劫血(ごうけつ)やられ」になる。
劫血やられ中は自然回復力がなくなり、体力が徐々に減っていき、回復アイテム使用時の回復量も減少する。
ピンチの反面、モンスターに攻撃を当てることで、与えたダメージに応じて体力が回復する効果が得られる。
メル・ゼナとの生命力の駆け引きに打ち克つ立ち回りが必要となるだろう。

ガランゴルム ガランゴルム

ごうてんじゅう 剛纏獣

ガランゴルム

ゴツゴツした巨体が特徴的なモンスター。
体液に植物の成長を促す成分があり、共生する植物や周囲の土砂を体液で固め、体に付着物として纏うことでその部位での攻撃を強化する。別名「剛纏獣(ごうてんじゅう)」。

全身を見る
ルナガロン ルナガロン

ひょうろうりゅう 氷狼竜

ルナガロン

瑠璃色の甲殻が特徴的な牙竜。
体内に取り込んだ空気を冷却する器官があり、冷やした空気を全身に巡らせて体温調節をおこなっている。長距離の移動や環境の変化にも耐えられるためその生息域は広範囲。別名「氷狼竜(ひょうろうりゅう)」。

全身を見る

新たな亜種モンスターや復活モンスター

新たな亜種モンスターや
モンスターハンターシリーズからの
復活モンスターも続々登場

エスピナス亜種 エスピナス亜種

きょくさりゅう 棘茶竜

エスピナス亜種

通常種と異なった体色をしている事から
「棘茶竜」と呼ばれるエスピナスの亜種個体。
通常種と同様、普段は眠りについていることが
多く、並大抵の攻撃では目を覚まさない。
吐き出すブレスには毒に加え、武具を腐食させる
比重の重い酸が含まれており、
まともに浴びてしまうと一溜まりもない。

全身を見る
タマミツネ希少種 タマミツネ希少種

せんこりゅう 焔狐竜

タマミツネ
希少種

「焔狐竜」と呼ばれるタマミツネの希少種個体。
自身の分泌する滑液を利用して滑るように動き、
ガスを詰めた泡を操ってターゲットを追い詰める。
普段は飄々とした動きで余裕を見せるが、
ターゲットを本気で排除すると決めれば
その身は白い焔をまとい、苛烈な動きで
周辺一帯を焔の海へと変えるだろう。

全身を見る
傀異克服 オオナズチ 傀異克服 オオナズチ

かいいこくふく 傀異克服

オオナズチ

「傀異克服」の名を冠した霞龍。
キュリアによる暴走を克服したことで強大な力を手にいれ
その影響により、体表には不気味な紋様が現れている。
通常の個体よりも毒の扱い、身のこなしに長けており、
一度姿を見失えば、猛毒により悪夢をみることとなる。

全身を見る

マスターランクのクエストでは、
『モンスターハンターライズ』に登場した
モンスターも、
ひと味違った狩りごたえへ